シミやシワが出来る原因がまさか・・・

シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、大きいのは乾燥です。

エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は特に要注意です。

肌の乾燥を防ぐための具体的な方法としては、こまめな保湿で肌を乾燥させないようにするのが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

例えばスプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。

煎茶や玉露などの緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。

美白を目指すのならビタミンCの力は欠かせないので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂っていくことで、メラニン色素が沈着し、シミの元になることを予防してくれるのです。

お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですがつい、力をぐっとこめてぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、ソフトにまあるく円を描くようにする、それができたら完璧なのですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。

女性の身体は、出産後しばらくの期間、長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ、シワの増加といったこともよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産後はいきなり量を激減し、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。

肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。

肌ではなかなかサバは読めません。

目の下の部分などは特に細かいシワが出ますし、クマも出て、これがなかなか消えません。

そんなこんなで年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

そして肌のつややかさや張りが加齢を原因として消えていくと、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

ここでは顔だけを見てみますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。

肝臓には多くの血液が流れており、体内でできた物質を代謝・分解することにより解毒する働きをしています。

肝臓での解毒が十分でないと、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。

それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。

肝臓に負担をかけないようにしていくことが、血液をキレイにし、お肌を健康にしていくための隠れた必須条件です。

適量のお酒は血行を良くしてくれるので、美肌効果も期待できます。

日本酒の酒粕はパックとして使えます。

くすみのない肌になるそうです。

酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、水を加えてペースト状にし、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、全体がなめらかになればパックとして使えます。

もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。

キメが細かくよく整った肌は皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。

真皮は肌の土台という働きがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、嫌になってしまいますよね。

新陳代謝に優れた若い人たちの肌を見ると、シミ知らずの潤ったキレイな肌で、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、日々の紫外線対策や肌の老化防止を心がけます。

肌質は個人差が大きいものですが、肌が薄い人はシワができやすいそうです。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。

肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。

皮膚があまり薄い場合はその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。

個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。

このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインが激しく存在アピールを始めるようになります。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ちゃんをケアをして睡眠をとれば元気になっていたと思うのですけど、38歳以降にはもう肌が元気になるまでに、結構時間がかかるようになってしまい、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありません。

日焼けによる紫外線のダメージです。

子どもが生まれ、少し大きくなって雨降りの日以外は毎日仲良く公園で遊んでいました。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

スイーツに目がないという方はお肌のために控えてください。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

体内で糖分がタンパク質と反応し、全身の老化を早める糖化物質が生み出されるのです。

この糖化がお肌のコラーゲンに起きると、黄ぐすみ状態になったり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果が心配されます。

PR:クレンジング おすすめ 乾燥肌


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です